メインイメージ画像

image02

賃貸事務所の候補を探しているなら

賃貸事務所の候補を探しているなら、耐火、耐震性を比較して検討しましょう。同じような構造の事務所があって、最終候補としてどのビルにするか迷うことは多いものです。こんな場合は、やはり耐震性を比較して選ぶのが安全でしょう。耐震度の比較項目としてチェックすべきは、何年前に建設されたかという点が肝心です。一つの条件として、新耐震基準に準じている1981年以後に建設されていることが必須です。それを満たした物件の中から、より最適な耐震設計を持つ物件が安心できます。

事務所を決める前に、建物の耐震性を調査しておきましょう。今後地震が起きた場合の防災対策として、十分な耐震性が不可欠です。耐震基準についての法律は従来何回か改正が実施されているので、いつの時点の基準法に則っているのかチェックすることが大切です。今は防災に関連して意識が敏感になっていますから、どの賃貸業者でも耐震性能が高いという切り口で物件紹介を行っています。安全面はなによりも重視すべきですから、妥協せず事務所探しをして下さい。

事務所を選ぶなら、まずは築浅の物件が良いでしょう。築浅の事務所は、防災やセキュリティシステムの面で高性能の装置が採用されていますし、水回りなどのファシリティも最新式でかなり使いやすくなっています。ワーカーにとってスムーズに業務できる点は勿論ですが、来社した人にとっても利便性が高く他社より進んだ印象を与えることが可能なのです。ビルの印象というのは多少なりとも会社の印象も左右してしまうと考えられるからです。賃料は少々割高にあるものの、将来性の高い会社が入っていることが見受けられるため、活気あふれる事務所にできるでしょう。

事務所に引っ越す際には、見積り比較を必ずしておくのが賢明です。事務所を契約するには、敷金や手数料などのほかにも、レイアウト変更や内装に関する施工、ネット回線の移設など大規模な工事も必要です。そのため、どの工事下請業者を使うか次第でイニシャルコストにかなりの違いが生じるのです。複数の業者に対して見積り依頼をし、料金とサービスの内訳を吟味して、最も良い業者に工事の依頼を決めるのが良いでしょう。不動産業者によっては指定工事業者がある場合も想定されますので、事前に確認しましょう。