メインイメージ画像

image02

賃貸事務所検索したいなら

賃貸事務所検索したいなら、こだわり条件を使って検索してはどうでしょうか?近年ビジネスのダイバーシティが進み、貸し事務所もバラエティに富んだ事務所が用意されています。印象を良くしたい経営者のためにデザイナーズ物件、耐震構造の物件、レトロ調の物件、最上階事務所が目白押しですし、完全バリアフリーの事務所などとても多くの物件から検索が増えています。事務所の建物がビジネスコンセプトに合っていなければ何か矛盾したような印象が出来てしまうため、あなたのビジネスコンセプトを自ら事務所ビルで体現することが肝心です。

事務所に入居する時の初期費用には何があるか整理しましょう。礼敷金・管理費や仲介料などは一般的な住居用賃貸物件と同じようにかかります。事務所ならではの初期費用としては同じビルの他のテナントや建物のオーナーに損害を与えた場合に保障する損害保険や賃料延滞に対する賃貸保証に関する費用が主に考えられます。そして、社名のプレートなど、エクステリアを取り付ける場合にはその工事コストも見積もりが必要です。オーナーによっては工事請負先が特定の業者に限定されているのでオーナーに問い合わせてみましょう。

事務所の長所は、内装を自由に変更できるという点でしょう。内装費用は掛かる一方、事業のイメージやあなた方の使い方を元にしてレイアウトを一新することが可能なのです。一方、居抜き店舗でそのまま利用できそうな内装の事務所を選んだら、内装工事無しに事務所として利用できます。こうすれば高額費用の工事自体が省略できるので、大きなコストダウンが実現します。それ以外にも、レンタル料は若干割高ですが、短期間の利用ならレンタルスペースを利用するというアイデアもお得でしょう。

事務所を探す際の注意点を考えてみませんか。事務所を賃貸で借りるメリットとして、外看板やレイアウト設計を希望の通りに変えられるという部分があるでしょう。ところが、それと合わせて多くの賃貸契約の内容には現状復帰義務が含まれています。これは、ビルを契約した最初の状態に原状回復して退去しなければならないという契約内容です。ですので、過度に大規模な改装工事をしてしまうと、退去の時に予想外の費用が出てしまいます。退去時の費用にも考慮して移転のプランニングをしましょう。